1.事業案内

NPO法人浜視協の事業をご案内します。

  1. (1)会報(拡大文字版・点字版・カセットテープ・デイジーなどの音訳版、eメール版)の発行
  2. (2)STT(盲人卓球) ボウリング大会等のスポーツと 横浜市・全国規模の障害者スポーツイベントへの参加
  3. (3)バスハイク・料理教室・華道教室・音声ソフト付パソコンの講習会の開催
  4. (4)生活と仕事の相談へのアドバイス
  5. (5)ボランティアの養成・研修
  6. (6)生活と福祉の向上に向けて 横浜市などとの懇談会の開催と横浜市主催の障害者施策に関する会議への出席
  7. (7)まちのバリアフリー化 まちに住む人々の心のバリアフリー化をすすめるための行動と講演会
  8. (8)加盟している障害者団体の催しもの・会議への参加
  9. (9)アンケートなどによる調査研究や研修会などの社会啓発活動

2.浜視協の部会と委員会

浜視協の各部とその委員会について活動内容を順次ご紹介していきます。

(1)生活福祉部委員会

私たち生活福祉委員会は、市内各区の代表者により構成されています。
ここでは、視覚障害者に関するバリアフリーを目指して、様々な課題に取り組んでいます。
移動問題を始め、日常生活 情報 コミュニケーション レクリエーションなど様々な課題解決について話し合いをし、視覚障害者にとって、より生活をしやすい環境作りに努力を致しております。
生活福祉部長 池田信義

(2)女性部

今年度女性部長として就任しました齋藤裕美です。
よろしくお願いいたします。
みなさまが「明るく楽しく笑顔で心と体が健康に過ごせますように」
そのような思いをこめて企画しています。

華道研修 11月22日(日) 健康福祉センター
料理研修 12月7日(月)、2月8日(月) 大岡地区センター
女性委員会 1月24日(日) 健康福祉センター
女性研修会 1月24日(日) 健康福祉センター
工場見学 3月予定

(3)スポーツ部

いろんなスポーツを通じて、体力作りや、心身共に楽しく過せる時間を
仲間と交流しながら、健康作りにお役立てください。

2006年から横浜市視覚障害者サウンドテーブルテニス協会(盲人卓球)が発足されました。
年間に、全国大会、関東大会、神奈川県内の大会などに出場しています。
横浜市在住の視覚障害者なら、ご参加いただけます。
興味がある人はお気軽にご参加ください。
練習日(いずれも10時から15時まで)
第1 木曜日 ライトセンター(旭区二俣川)
第3 日曜日 ライトセンター(旭区二俣川)
第4 月曜日 ラポール(新横浜)
お問い合わせ スポーツ部長 笠羽 明美(かさば あけみ)

スポーツ部2020年行事

今年はコロナウィルス感染予防対策として、いろんな行事や大会が中止となりました。
それに伴い神奈川県ライトセンターや横浜ラポールなどの開館に合わせて9月以降、追加開催したいと思いますが、コロナウィルス感染状況により開催予定も中止をせざるを得ないことをご理解、ご了承ください。

浜視協STT交流研修大会

日時 2月21日(日) 9時45分 ~ 15時30分
場所 神奈川県ライトセンター(旭区二俣川)

この他スポーツ部の行事開催日時が決まり次第、浜視協会報及び、このホームページのTOPページ「更新情報」にてご連絡いたします。

スポーツ部長 笠羽 明美(かさば あけみ)

(4)青年部

いろいろな活動を通して仲間を増やしていきませんか? バスハイク、スマートフォン体験会、日常生活の便利グッズの展示会などを企画しています。
詳しくは年間行事予定、またはTOPページの「更新情報」をご覧ください。

青年部長 原田美由貴

(5)ボランティア部

「2人三脚の人生に感謝」

そっと触れた手のぬくもりが、
私たちをどれほど勇気づけ励ましてくれることだろうか?
それはガイドボランティアの皆様の献身的な活動により、私たちの行動もこんなにも輝いて見えるからだ。
今年は、思いがけない新型コロナウイルスの、不安と恐怖の中、工夫し目には見えない敵とたたかいながら日々この事業にご尽力くださっている皆様に感謝の思いでいっぱいです。

「横浜市障害者ガイドボランティア事業」をご存知でしょうか

 障害者が外出する際に、必要となる付き添い(ガイドボランティア)を派遣する、横浜市が平成3年に創設した事業です。
 対象障害者がガイドを依頼できるのは1回4時間まで、ボランティアとの相談により1日3回分(最長12時間)までガイドを依頼できます。
このガイドボランティア制度を理解され、障がい者の外出のお手伝いをしていただけるかたを求めております。
  ガイドを実施されたボランティアには、横浜市より奨励金が支払われます。

ガイドボランティア制度は横浜市が独自に設けている移動支援事業で、市内在住の視覚障碍者の「1級から6級」の皆様に、買い物、会議、通院、散歩、横浜ラポール、神奈川県ライトセンター、あゆみ荘等での催し物への参加などについて、移動支援が行われています。
さらにボランティアが了解されれば、カラオケや合唱サークル、ダンスや詩吟の練習にも一緒に出かけていただける、いわゆる「余暇活動」も利用が認められています。

秋には情報障害といわれる私たちにとってありがたい、音訳と点訳講座がそれぞれ開講します

今年度の 音訳フォローアップ講座が1月の第3水曜日から6回、
点訳フォローアップ講座が1月の第3木曜日から行われます。

問い合わせ

特定非営利活動法人 横浜市視覚障害者福祉協会
TEL: 045-475-2061
お問い合わせ用メールフォーム

皆様のご参加を心よりお待ちしております。
ボランティア部長 渡邊信子